富山市 フルーツ(果物)専門店のうしじまでは各種フルーツギフトをはじめ、冠婚葬祭用フルーツも取り扱っております。

あぐり果愛

世界のフルーツ 株式会社うしじま
本社 卸部 外商部 通販部
富山市愛宕町1-1-14
TEL 076-411-8855
FAX 076-411-5003

本社

TOP >> くだもの教室トップ >> 女性のホルモンバランスを整える

女性のホルモンバランスを整える

フルーツの栄養と健康効果

 生理のリズムや更年期など、女性の体の変化は、すべて女性ホルモンに影響されています。ホルモンのバランスがくずれると、さまざまな症状が現れます。

 中でも生理前や生理時の不快症状はつらいもの。こうした症状を改善し、やわらげるのが、ビタミンB1やマグネシウム。バナナはこれらをたっぷり含んでいます。ビタミンB6も症状の緩和に働き、マンゴーなどに多く含まれます。

 また更年期にはほてりなど特有の不快症状が現れますが、その改善に効果があるといわれるのが、ビタミンEや、亜鉛や銅などのミネラル。ビタミンEが豊富なアボカドや、ミネラル類をバランスよく含むキウイフルーツなどを積極的にとるといいでしょう。

 生理の1週間ぐらい前から起こる症状− 体がむくむ、おなかが張る、肌が荒れるなどのほか、イライラしたり憂うつな気分になったり集中力の低下、そして生理痛などは、エストロゲンとプロゲステロンという2大女性ホルモンのバランスが深く関係しています。

 生理前は、女性ホルモンのバランスがくずれ自律神経の働きが乱れるためにさまざまな症状が起こります。また生理時の痛みは、骨盤の周囲が充血し、子宮の筋肉が引っ張られるために強い痛みを生じるものです。

 こうした症状の改善に効果があるのが、ビタミンB1やビタミンB6。ビタミンB6には女性ホルモンのバランスの調整、ビタミンB1には子宮の筋肉の痛みをやわらげる効果が期待できます。またミネラルのひとつ、マグネシウムにも筋肉の収縮を正常に戻す働きがあるので、痛みの緩和に効果的です。

 生理前や生理時の気分の改善には、イライラを解消するカルシウムや神経に働くビタミンCの補給を心がけることも必要です。

 ビタミンB6やマグネシウムなどを多く含むバナナ、ビタミンCが多いマンゴーなど、女性ホルモンのバランスを保つ栄養素を含む果物をとれば、心身の不調に対応できるはずです。

 ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなどのビタミンB群がバランスよく含まれています。生理前の不快症状に有効に働くとされるマグネシウム、水分の代謝を助けるむくみの改善に効果のあるカリウムも豊富で、その含有量は果物の中でトップクラス。マグネシウムは神経の興奮をやわらげるので、イライラの解消にも。

 食物繊維や糖類の一種であるフラクトオリゴ糖も多く、腸内のビフィズス菌を増やし腸内細菌のバランスを保って便秘を改善します。

 果皮や果肉にはポリフェノールが多く、抗がん作用のある香り成分のオイゲノールも含まれています。

 生理前に起きるイライラの改善には、マンゴーに含まれるビタミンCやビタミンB6が有効に働きます。

 可食部100gで比べると、マンゴーにはバナナやアボカドよりも多くのビタミンCが含まれています。また、生理時に出血量が多いタイプにも、ビタミンCは有効です。毛細血管に働きかけて血管を強くし、出血量を抑制する効果があるといわれています。さらに生理痛の予防に効果があるといわれるナイアシンも含まれています。

 抗酸化作用のあるカロテノイドの中でもβ-カロテンが多く含まれているのも特徴です。食物繊維が豊富なので、便秘改善にも効果的。生で食べるときは冷やして、レモン汁などをかけると食べやすくなります。


ショッピングガイド うしじまについて プライバシーポリシー サイトマップ

Copyright(c) USHIJIMA.Co,.Ltd. All Rights Reserved.